キューバのお宿

キューバ初の5つ星ホテルができた、とかニュース出てましたね。先週かな。

リッチそうなホテルも、ビジネスホテルっぽいホテルも、あるにはあるのです。ただしハバナは総数が少ないです。

 

それを補うかのように、日本でいう民泊が発達しています。それがCasa(カーサ)です。ハバナは住宅エリアのそこら中にCasaがあります。

それでも、モタモタしてたら予約に苦戦しました。

ハイシーズンは特に、皆さまはお早めのご予約を。

 

さて、最初はホテルにするかCasaにするかで迷うと思います。私の場合、肉買って調理して食べることが主な目的だったので、お安くキッチンを使うことができるCasaばっか調べてました。

f:id:koretabetai:20170604234249j:image

 

よくみてたサイトは、Airbnbと、ホステルクラブドットコム。

 

現地の人から借りる家、体験&スポット - Airbnb

 

HostelsClub Mobile

 

私はAirbnbで予約取りました。

 Airbnbで宿を取るのは初めてだったので、気をつけたのは以下のあたりです。

  • スーパーホストのマークがついてる(複数の項目に対して、ある一定以上の評価を、10人?以上がつけた。みたいな。詳しくはサイトをご覧あれ。)
  • 口コミに、臭いとか汚いとか書かれていない。(キューバのお宿の口コミは、マジいろんな言語で書かれているので、英語以外の口コミも要チェックです。PCでGoogle翻訳出しながら調べるのがオススメ)
  • 写真に水回りとかの部屋以外の場所も写っていて、それなりにきれい。

 

Casaにもいろんなパターンがあります。相部屋や、1人部屋。ゲストルームを貸してくれるところや、お家まるっと貸してくれるところ、さまざまですね。

 

ゲストルーム(バス・トイレ付き)1部屋借りて、キッチンはオーナーのエリアを借りてた身としては、長期滞在するなら「1日目→ゲストルーム、2日目以降→まるっと一軒、がいいかもなー、でも1人でまるっと一軒は高いのよねー」でした。一家と過ごす楽しみもあります。ただやっぱりお互い素人で、一緒にいることに慣れてなくて、同じ家にいるわけなので、言葉とか機嫌とかの一定のストレスはある感じでした。まぁ当たり前ですね。笑

 

余談ですが、Casaの1階でオーナーがレストランやってるとこなんかもあります。普通においしいお店がまあまあある印象なので、日程に余裕があればトライするといいかもです。

 

f:id:koretabetai:20170604234144j:image

 

 

キューバの持ち物(必需品たち)

  1. 入国に必要なもの
    パスポート以外に、ツーリストカードと海外旅行保険が必要です。

    • ツーリストカード
      30日未満の滞在に必要な紙が、ツーリストカードです。
      発行方法は3通り。大使館に直接行く(2,000円ちょっと)、大使館に郵送でお願いする(4,000円くらい)、旅行代理店にお願いする(5,000円~10,000円くらい)です。

      私は某大手旅行代理店に相談して、新宿店のみの取り扱い and お値段10,000円程度と聞いて、大使館に直接行くことにしました。笑

      大使館は東京タワーの近所にあります。

      EMBASSY AVENUE (在日大使館) キューバ


      営業時間は午前と午後記載されていますが、案外不定期営業をしていることがあります。比較的差参考になるのはこのブログのコメント欄。

      【個人旅行手配】キューバツーリストカードを郵送で申請する方法&記入例 | 50 COUNTRIES


      私が行った頃(2016.12下旬)は午前のみの営業でした。2016.12上旬なんかは、ツーリストカードの在庫(キューバから送られてくるらしい紙)がない、とかいう理由で発行がストップしていた時期もあったそうです。出発に余裕をもってどうぞ。
      なお、発行時はおつりナシで用意する必要があります。あと、最寄のファミマではWi-Fiで写真プリントできませんのでご注意を。USB型メモリなら印刷できるらしいよ。(2016.12時点での情報です)

      使い方ですが、入出国時に提示が求められ、半分ずつ回収されます。

    • 海外旅行保険の契約書
      英語もしくはスペイン語で発行してもらう必要があります。
      某大手旅行代理店では、日英併記がデフォルトでした。

      海外旅行保険については、チェックされなかった、などの不用説もあります。
      私のときは、成田空港のチェックインの時のみ提示を求められました。

  2. 滞在に必要なもの
    個人的トップ3を挙げます。過ごし方次第では要らないものもあるかも・・・?

    • 翻訳ツール
      Google翻訳アプリと指さし会話帳が大活躍しました。

      Google翻訳アプリは、英語・日本語・スペイン語をダウンロードしてオフラインで使えるようにしておきました。
      Google 翻訳

      Google 翻訳

      • Google, Inc.
      • 辞書/辞典/その他
      • 無料

       


      時間単位でWi-Fiを購入することができるのは、ホテルなど限られた場所です。私の場合、どうしても必要かなー?というタイミングでWi-Fiを買ってました。1時間600円くらいで、当然のように速度は遅いです。
      その辺の道端では、時間単位ではなくパケット単位でしか通信量を買うことができません。パケット単位の方は買わなかったので何とも言えませんが、メールとキューバ国内電話くらいにしか使えないのではないでしょうか。(2016.12時点)

      指さし会話帳は、泊まった民宿の年配のママやちびっことの会話に使いました。

      Amazon CAPTCHA


      年配の人は、キューバでもガジェット嫌い&老眼でiPhone見るのたぶんしんどいので、アプリで会話をするのは断られます。ちびっこは、多分7歳くらいだと思いますが、まだあまり単語を綴れない様子。
      この辺の事情は私が泊まった民宿によるものですが、単純な単語帳としての用途以外にも、葉巻の種類とか代表的なご飯とか載ってて便利。
      あと、全体的に待ち時間だらけのたびになるので、ポケットとかに入れておいて暇つぶしにいいっすよ。

    • 虫よけスプレーとかゆみどめ
      常識?ええ、常夏ですからね。
      ジカ熱にはなりませんでしたが、うっかり虫よけスプレーを忘れると、結構腫れます。あんまり強力なものでなくても、効いていた気がしますので軽めのやつで大丈夫そうでした。

      Amazon CAPTCHA

      Amazon CAPTCHA

    • 日焼け止めとサングラスと帽子
      キューバ人、白人系とインド系が半々くらいに見えるんですけど、白人系の肌の傷みっぷりがハンパなかったっす。というわけでこれ。

      Amazon CAPTCHA

      私は4本持って行ったけど、さすがにそこまでは要らなくて2本くらいでいいと思います。笑

      サングラスと帽子の効果は不明ですが、肌があれだけ焼けるならたぶん必要なんじゃないかと。

f:id:koretabetai:20170212202729j:plain

キューバに行ったわけ

さて、今日からしばらくキューバのお話をします。

2016年12月25日から2017年1月7日まで行ってきました。

キューバに行く、あるいは行った、と言うと周りの人の第一声は主に「なんで?」でした。なので今回は動機編ということで。ちょっと長いかな。

 

  1.  市場の食材(NHKチョイ住み in キューバ

    Togetterでもちょっと有名?になりました、野村周平くんと土井善晴先生の回ですね。YOUちゃんがナレーションしてます。

    www.nhk.or.jp

    続きを読む

はじめまして

こんばんは。

 

年末年始にキューバへ行ってきたので、

調べたことなど、メモっとく場所を作りました。

 

タイトルどうしよう。。と思っていたのですが、

普段あまり旅行しないので、旅行っぽい名前もなんだし…。

 

キューバにいくことになった理由が、

これ食べたい。という欲で、

私がいつも、これ食べたい。(飲みたい。)欲に忠実なことから、

こんなタイトルになりました。

 

ブログトップの写真は、私が唯一通った(通ってる)お料理教室の初回ごはんです。

あぁ美しい。

※自作ではありません

f:id:koretabetai:20170130000436j:plain